女性にひげが生える原因はホルモンに原因が?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性は思春期を迎えた頃から口周りにひげが生えてきますが、女性も同様に口周りに産毛のようなものが生えます。
この産毛が女性のひげと言われるものです。

無論男性よりは細く少ないため、ちょっと処理をする程度で平気な方や、一度も処理をしたことがないという方も多いでしょう。
しかしこの産毛が濃く太くなってひげになってしまうことがあるのですが、その原因は何なのでしょうか?

そもそもなぜ女性はひげがあまり生えないのかというと、女性ホルモンの影響があります。
女性は女性ホルモンの影響を強く受けており、そのためムダ毛が薄かったり、髪の毛がつややかだったりするのです。

しかし昨今では女性の社会進出、偏った食事、強いストレスなどの影響で、女性ホルモンのバランスが崩してしまう女性が増えています。
この女性ホルモンが少なくなりバランスが崩れてしまうと、女性の男性化が起きるのです。
例えばひげなどの体毛が濃くなったり、吹き出物が出来たりします。
特にひげが濃くなる現象はショックがでかいですよね。

メイクをしていたら顎や口周りに太い毛が生えていた時などは叫びたくなるかもしれません。
それは女性ホルモンが減少してホルモンバランスが崩れているサインだと思って下さい。
こういった現象を回避したりリカバリーするためにも、食生活の見直しや十分な睡眠、ストレス発散は欠かさないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。